ログイン
HOME  » 離婚・男女問題に強い弁護士 » 離婚・夫婦問題相談の手引き

離婚・夫婦・親子問題の手引き-ご相談ご来所時に,ご持参頂きたいもの-

当事務所にご相談にお見えになる際,ご準備頂きたいものについて,ご説明します。

① 関係者の関係図(家系図)
  それぞれの方の生年月日,現在の満年齢も書き添えてください。

② 戸籍謄本
  本籍地のある市区町村役場でお取り寄せください。

③ ご夫婦・ご家族のご経歴に関するメモ
  生年月日,出生地,ご両親がどんな方だったか,学歴,職歴,お二人の交際の時期や経緯,婚姻の時期,同居の時期,子どもさん出生の時期,別居の時期,現在の生活状況,収入状況について,メモを作ってご持参ください。

④ 離婚(家庭不和)に至った原因を時系列に沿って詳しく書いたメモ
  思ったことや感じたことではなく,あったこと(客観的事実)について,時系列に沿って,詳しくお書きください。いつごろ,どんなことがあったのか,詳しく教えて頂ければ,今後どのような対応がよいのか,適切に判断することができます。時期がよく思い出せない場合は,「平成●年○月頃」でも結構です。

⑤ ご夫婦の収入状況を示す,給与明細の写し,源泉徴収票の写し,確定申告書の写し等
 別居中の婚姻費用,離婚後の養育費の算定に必要な資料です。

⑥ ご夫婦の財産状況を示す,不動産の登記簿謄本,預貯金通帳(原本または写し)その他の財産があれば,そのリスト(財産の内容と金銭評価した場合の金額)
  財産分与や慰謝料の請求,婚姻費用や養育費等の支払い確保を考える場合には,必要な資料です。

 これらのものをできるだけご準備頂いて,ご相談においでください。