ログイン
HOME  » 離婚・男女問題に強い弁護士 » 離婚調停の進め方

当事務所弁護士の「離婚調停の進め方」

離婚調停に弁護士を付けるメリットはどこにあるのか?
当事務所の弁護士は、ご依頼を頂いた調停をどのように進めて行くのか?
ご相談・ご依頼を検討されている方々の参考になるように、そのイメージを少しだけ、お話しします。

※下記はあくまでも一般的な事案の場合における調停の進め方であり,ご依頼の案件の特性により,適宜,内容や方法を変更する場合があります。

1 調停は「相手方に納得してもらうこと」が必要である

弁護士やご本人の中には、調停を裁判と勘違いして、闘ってばかりの方もいます。
しかし考えてみてください。裁判だったら、事実と証拠で裁判所だけを説得すれば当方に有利な判決が得られます。
しかし調停は、あくまでも「話し合い」ですから、当方の言い分について相手方に納得してもらい、受け入れてもらえない限り、調停手続きで当方の目的を達することはできません。
ですから調停手続では、相手方を説得すること、言いかえれば、当方の言い分について、相手方に受け入れてもらうことがどうしても必要なのです。
当たり前のことですが、このことを忘れている当事者の方や弁護士が相変わらず多く、言いたいことを一方的・攻撃的に主張し続ける方がいらっしゃいますので、あえて言及しておきます。
 

2 「なぜ離婚したいのか」「なぜ離婚したくないのか」を、調停委員会や相手方に理解してもらえるような主張をする。

弁護士とは、読んで字のごとく、「弁:言葉で」「護:依頼者の言い分や利益・立場を守る」「士:プロフェッショナル」です。
従いまして、離婚調停における弁護士の役割は、ご依頼者の方の言い分やご主張、立場、お気持ちについて、裁判所や相手方に理解してもらい、受け入れてもらうこと、となります。

弁護士を付けずに、ご自身で調停に臨んだ場合には、これらがうまく調停委員や相手方に伝わらず、ご本人のニーズや問題の本質とは違うところで調停が進んでしまったりする危険があります。「調停委員が話を聞いてくれない」「自分の気持ちや立場を分かってもらえない」「そういうつもりで調停を起こしたのではないのだけれど・・・。」そんな経験をした方は少なくないのではないでしょうか?

ご依頼者の言い分や立場、お気持ちを的確に把握し、きちんと調停の場に現しつつ、相手方や調停委員に理解してもらえるような方法や内容に整えるのが代理人弁護士の腕の見せ所です。

当然ご依頼者の方には言い分もあるでしょう。分かってもらいたいお気持ちもあるでしょう。しかしながら、いつでもどんな時でも、言いたいことを言いたいように主張したのでは、相手方や第三者に理解してもらえる機会は少なくなってしまうでしょう。
相手方にも言い分はあり、調停の場が「話し合い」である以上、相手方の言い分にも十分耳を傾ける必要があります。しかしながら、それは、相手方の言い分をすべて常に受け入れる、という意味ではありません。
相手方の言い分をしっかり聞き、受け止めながら、相手方がどうしてそのような主張をするに至ったのか、どうしてそのような気持ちになったのかを冷静に、峻厳に分析して、それに対して当方はどのような対応ができるか、どのようにしたら、こちらの求める内容を相手方に受け入れてもらえるか、しっかり対策を吟味検討しながら調停に臨む。当事務所の弁護士は、調停における話し合いを実質的な交渉、あるいはそれ以上に戦略的な対応が必要なものと捉え、取り組みます。

3 調停の進行に従って変化するご依頼者のお気持ちやご意向を的確にとらえ、柔軟に対応します。

調停では、当事者の方がこれからの人生をどのように過ごしていくのか、ご自身の判断で主体的に、後悔のない決定ができるように、実質的で実のある「話し合い」が行われるべきだと考えています。
相手方の言い分を聞き、こちらの言い分を述べ、双方の話し合いが進展するにつれ、ご依頼者の方のお気持ちに変化が現れるのは当然です。当事務所の弁護士は、綿密な打ち合わせを通して、ご依頼者の方や周辺の方のお気持ちや事情の変化に即応して、真にご依頼者のニーズにかなう調停の進行を心がけています。

4 未成年の子どもさんがいる場合、双方当事者が子どもさんの未来を共に考えながら自己決定できる調停を目指します。

未成年の子どもさんがいる場合、まず考えるべきは子どもさんの未来に離婚が悪影響を及ぼさないようにすることです。
そのためには、離婚の原因等をめぐる争いからある程度距離を置いて、こと子どもさんのことに関しては、双方の当事者の方が協力して、子どもさんの将来のことはもとより、今現在の立場や心情を考えてあげる必要があります。

子どものためのハンドブックは こちら

親権を争うあまり、子どもさんを出しにして相手方を攻撃するのは厳につつしんでください。子どもさんにとっては、かけがえのない、この世に一人しかいないお父さんであり、お母さんです。そのことはご理解いただきたいと思います。
子どもさんの将来を真摯に考え、子どもさんの事情や心情に悪影響を及ぼしたくないと真剣に考えていらっしゃる当事者の方は、ぜひご連絡ください。

5 相互の感情的対立が激化しないように,極力円満な話し合いの実現を目指します。が…。

未成年の子どもさんがいる場合はもとより,いらっしゃらない場合でも,離婚問題をめぐって感情的対立が激化すれば,子どもさんも,ご本人たちも大変傷つきます。これからの人生を明るく,豊かなものとするためには,あまり良いこととは思えません。
離婚問題が生じた原因や,これまでの経緯などについて,言うべきことはきちんと言いつつも,感情的対立が激化しないように,心を配りながら調停手続きを進めてまいります。

しかし,交渉事も調停も,相手方あってのこと。当方がなるべく事を荒立てないように,と心を配っているにもかかわらず,相手方さんがそれに理解を示さず,感情的な非難や攻撃を繰り返す場合には,ご依頼者の方と十分打合せをしたうえで,手続きを裁判手続きに切り替えるなどして
「闘う弁護士」に変身!
する場合もございます。
ご依頼者の方が希望され,事案としてそのような処理が適切であると判断される場合には,遠慮なく,やらせて頂きます。